なぜストレッチをやってもオスグッドは治らないのか?

オスグッドの改善方法の1つとしてストレッチがあります。
どこをストレッチするかというと、

太ももの前側

です。

オスグッドを治すには太ももをストレッチしましょう

皆さんもどこかで聞いたり、見たりしたのではないでしょうか?

しかし、

  • もものストレッチを一生懸命やってみたのに効果がない。
  • 少しは楽になるけど運動するとすぐ痛くなってしまう。

など、改善したというほどの効果を感じない人も大勢いらっしゃいます。

中には
痛くてストレッチそのものができない。
という方もいます。

今回は

ストレッチをやっても効果がなかったオスグッドの痛みが完全に消えたのはなぜか?

というお話です。

 

だんだんと痛くなってくるオスグッド

練習後や試合後に膝が痛くなる野球少年がいました。

最初は軽い痛みのため何日かすれば治るだろうと思っていましたが、なかなか治らない。

そのうちに痛みが強くなってきました。

プレー中は集中しているせいかあまり気にならないのですが、

運動後に痛い

押すと痛い

という症状が目立ってきたため、整形外科で診てもらうことにしました。

 

整形外科での診断はオスグッド

痛みが強くなってきてからお母さんと一緒に病院へ行き、相談すると、

「これはオスグッドですね」

「やっぱりそうですか・・・」

オスグッドという名前は知っていたけど、まさかうちの子もなってしまった。

という気持ち。

病院からのアドバイス通りストレッチを始めることに。

 

毎日ストレッチをがんばってみた

ふとももを伸ばすストレッチ。

今までやったこともなかったけど、がんばって続けてみました。

その結果。

 

あまり変わらない。

 

痛みはあるけど練習には参加するという日々が続きます。

 

小学生 野球 町田市
オスグッド治療のため八王子あんしん整体へ

お友達のお母さんからのご紹介でこちらに来られました。

練習後に痛いという事でしたが、いろいろ動作のチェックをするとどうやら強く踏み込んでも痛いみたいです。

あと、出っ張ている場所を押すと痛い。

両足とも。

 

今までの経緯を聞いてオスグッド施術の流れを考える

オスグッドを改善する方法は、お子さんの筋肉の状態や痛みの度合いなどによって変わってきます。

何をするのか?というと基本的には身体全体の筋肉をチェックして硬くなっている場所を緩めることです

この子はストレッチを頑張ってきたということもあるのか太ももは柔らかい状態です。

 

原因は太もも以外にあるのでは?

太もも以外の場所に原因はないか?

そう思いながら全身をチェックしてみます。

 

腰回りが硬い

 

腰まわりの筋肉を緩めて動作チェックをしてもらいます。

強く踏み込むと痛みが出ていた膝でしたが、いまはどうでしょう?

 

「あっ、痛くないです」

 

どうやら原因は足ではなく、腰回りにありそうです。

 

他にも原因があるのでは?

強く踏み込んだ時の痛みは無くなりましたが、片足だけでスクワットをすると痛みがでてきます。

腰以外にも原因があるのではないかと考えます。

股関節や肋骨周辺も緩めてみました。

どうでしょう?

 

「大丈夫です。痛くないです!」

 

片足スクワットをしても痛くないみたいです。

残る症状は、膝下の出っ張りを押すと痛いというものです。

全身を調整して確認してもらいます。

確認は、

押してみてどうか?

正座をして床に出っ張りが当たって痛いかどうかです。

 

押しても痛くない!

正座しても痛くないです!

 

これでもう大丈夫です。

後日、再発チェックのため来院していただきました。

あれからどうだったでしょうか?

「ぜんぜん痛くなかったです」

良かった!

 

まとめ

  • オスグッドは太もものストレッチだけでは治らない場合があります
  • オスグッドの原因は足だけはなく腰回りに原因があるかもしれません

 

 

The following two tabs change content below.

西村 正太郎

こちらもどうぞ公式サイト
八王子あんしん整体ではオスグッドや半月板損傷など膝痛に特化した施術をおこなっています。 手術を悩んでいる方やサポーター・ストレッチは自分には合っていないと感じている方ご連絡ください。

関連記事

  1. 【オスグッド】レーザー治療が効かない?その場合の対象方法とは…

  2. オスグッド。家で出来ることはなにかありますか?という質問にお…

  3. 姿勢の意識

  4. オスグッド病は温める?冷やす?

  5. 1,000人近いオスグッドの子を施術してきて分かったこと

  6. やってはいけないオスグッドのストレッチ