内側の半月板損傷は様子を見ていれば治るの?

半月板損傷はスポーツをしている方に多い膝痛ですが、

普段、あまり体を動かさない会社員の方も半月板損傷になってしまいます。

しかも、

  • ぶつけた
  • ひねった

など、特に何かをした覚えはないのに膝が痛くなってきたということがあります。

ぶつけたわけじゃないからそのうち治るだろうと思っていても中々治らない

むしろ、だんだん膝の痛みは強くなってくる。

痛い場所は膝の内側。

仕事にだんだん支障がでてきてしまった。

イスから立ち上がる時が特に痛く

動くことに恐怖すら感じてきてしまっている。

 

今回は、膝に負担がかかるような運動はしていないのに急に膝が痛くなってしまい

仕事に集中できなくなっていた事務職の方が、完全仕事復帰されたというお話です。

 

急に膝が痛くなってしまった場合はどうしたらいいのか?

どうしたらいいか?

とにかく病院へ行って調べてもらおう。

何かわかるはず。

 

検査の結果。

わかりました。

半月板損傷」でした。

 

今後の治療としてはまず、

様子を見ましょう

痛ければヒアルロン酸の注射

ということでしばらく痛いのは我慢して様子を見ることに・・・

 

半月板損傷と言われ様子を見てきた結果どうなったか?

残念ながら、痛みは良くならず仕事中は辛いままでした。

注射をするのも怖いし、仕事中の動き始めの痛みも怖いし

  • 歩く
  • 曲げる
  • 階段を下る

も痛い。

困った・・・

 

40代 男性 事務職 八王子市
半月板損傷の痛みの治療で八王子あんしん整体へ

そうとう痛みが辛かったのか、会話の中で動くことに対して

「怖い」という言葉が多く出てきました。

改善の目標は

「仕事中に痛みが気にならないようになりたい」との事。

それでは今日から施術に入ります。

 

1回目の施術は歩行痛を取ること

初回は歩いての痛みを改善することを目標にしました。

半月板損傷の痛みの原因は大抵は膝にはないので、まずはいつものように足首の調整を行います。

施術後、院内を歩いてもらうと

「お~痛くないです」

第一段階はクリアしました。

2回目の施術は膝の曲げ伸ばしの痛みを改善すること

来院時に状態を聞くと

「2、3日は軽かったんですけどまた痛みが出てきました」

歩行の痛みは無くなったけれど、仕事中のイスから立ち上がる時の痛みはまだあるという状態です。

今回は膝の曲げ伸ばしがスムーズにできるようになる施術を行います。

事務職の方に多くみられる背中の硬さがあったので、背中の柔軟性を出すことと

再度、足首周辺の施術を行います。

「曲げるときの怖さが無くなってきました」

少しづつ改善してきているみたいです。

3回目の施術は膝を深く曲げれるようになることを目標とします

状態は

「すこぶる良好!」

「階段の痛みもありませんでした」

イスから立ち上がる時の痛みはほんの少し残っているようですが

何よりも「怖さ」が無くなってきたという事でした。

今回は膝を深く曲げられるようにする施術を行います。

4回目の施術はしゃがめるようになることを目標に

「仕事中の痛みは全然感じませんでした!」

「日常生活の痛みもありません」

とのことで、目標は達成したみたいです。

最後に、しゃがめるようになる施術を行い

今回で終了となります。

まとめ

・きっかけがなくても半月板損傷になってしまいます。

・様子を見ていてもよくならない場合があります。

・原因は足首や背中の硬さからくるものでした。

The following two tabs change content below.

西村 正太郎

こちらもどうぞ公式サイト
八王子あんしん整体ではオスグッドや半月板損傷など膝痛に特化した施術をおこなっています。 手術を悩んでいる方やサポーター・ストレッチは自分には合っていないと感じている方ご連絡ください。

関連記事

  1. 半月板損傷の原因は年のせい?それとも体重?

  2. 半月板損傷と関節ネズミでWの悲劇

  3. 縦に切れた半月板!保存療法か手術で悩んでいる方へ

  4. 膝が痛くて正座ができなかった原因は筋肉にありました!