オスグッド病は成長期の筋肉や姿勢の歪みを整えることで早期回復できます

オスグッド。家で出来ること、やらないこと

オスグッド。家で出来ること、やらないこと

こんにちは。 八王子あんしん整体の西村です。

オスグッド病は筋肉の異常緊張が原因でなってしまうスポーツ障害です。


家で注意することは、冷やさない事 です。

冷やすこととは、シップ・アイシング・塗り薬ですね。

筋肉を柔らかくするには、温めて血行を良くするのが一番ですから、冷やすと

いうことは逆効果になってしまいます。


温めることとは、お風呂がいいです。湯船に浸かってうっすらと汗かくくらいで十分です。
画像の説明
温度は熱くても、温くてもどちらでもOKです。自分の適温が一番リラックスできて血行も良くなります。


ストレッチも効果的です。

でも、間違ったストレッチはこれまた逆効果となってしまいます。

間違ったストレッチというのは、オスグッドの場所に痛みがでてしまう種類のもの。

例えば、太ももの筋肉を伸ばすストレッチをすると、オスグッドが引っ張られて痛い場合は、やってはいけません。  ということです。

コメント


認証コード0881

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional