オスグッド病は成長期の筋肉や姿勢の歪みを整えることで早期回復できます

自己紹介ーオスグッドなら八王子あんしん整体

プロフィール

整体師紹介
  • 西村 正太郎(にしむら しょうたろう)
    • 昭和41年3月2日生まれ
    • 産能大学情報経営学部情報学科卒
    • 某企業でSEとして入社  
    • 日本自然形体療法専門学院入学 
    • 川崎市宮前区で「宮前あんしん整体」開業
    • 町田市森野に移転
      「町田あんしん整体」と改名
    • 八王子市片倉町に移転
      「八王子あんしん整体」と改名 現在に至る


整体師への道へ

20代前半から体調が悪かったサラリーマンが整体と出会い、
整体師へとなった道のりを書き綴っていきます。


<第一話 整体師になる前>

悩ませていた症状のあれこれ

頭痛、肩こり、腰痛、膝痛・・・
毎日毎日、私を憂鬱な気分にしてくれました。

当時はシステムエンジニアでした。
デスクワークが中心で朝9時から夜9時位まで仕事。

日々のストレスと体調不良に悩んでいました。
でもこれらは病気じゃないし、頭痛、肩こりは薬を飲めば
楽になっていたのでそれでよし。としてました

実際、病院でのCTや色々な検査でも異常はなく、原因はわかりません。

電気治療やマッサージも受けましたが改善はされませんでした。

体質だからしょうがないし死ぬわけでもないし

治らないものだとあきらめていました。



     一番厄介だったのは


なんといっても頭痛

毎日イ〇という頭痛薬を飲んでいました。

カバンに入っていないと不安で、遊びに行くときも

飲みに行くときも常に持ち歩いていました。

頭痛は我慢すればするほど薬が効かなくなるので、

少しでも変だな、と思ったら飲むようにしていました。

肩こりはあって当たり前と思っていました。

頭痛と肩こりはセットで私を毎日悩ませていました。



     まだあります


固まる腰
腰痛は20代前半からありました。

5分でもイスに座っていると伸ばしたくなるくらい固まってきます。

毎日の朝礼(サラリーマン時代)も辛かったです。

とにかくじっと立っていられませんし、右足に体重をかけたり

左足にかけたり・・・伸ばしたり、曲げたりと

上司がこちらを見ていないときにこっそりと身体を動かしていました。

歩き続けるのも辛いものでした。

買い物に行っても10分で痛くなり、30分が限界です。

途中に休憩のためにベンチに座ったり、喫茶店に入ったりして

身体を休めていました。



     まだまだあります


関節がずれてる左膝
膝痛はそれほど辛くはありませんでしたが、たまにカクッ!となり

痛みが出てきました。歩いていてもピキッピキッと痛みがはしる。

一度ポキっと音がすれば楽になるという感じで、

関節がちゃんとはまった感じになり、痛みが減ります。



他にも野球肩右股関節痛などもあり
まさに痛みの百貨店状態で暮らしていました。

でも、この時はこの状態がまさか役立つ
とは知らなかった20代です。

<第二話 はじめての整体>

ある日、友人から八王子の整体院に行くことを勧められました。

整体院なんて今まで頭になかったのですが、

友人もそこで良くなっているということでさっそく電話をして

予約をとりました。

その整体院は、看板を出していないということで地図を見ながら

車で1時間半かけて行きました。



     はじめて見る整体師

やっとこさ駐車場に着き、2分ほど歩いてたどり着きました。

そこは自宅の6畳の和室を整体ルームとしてやられていました。

「予約した西村です!」と挨拶。

先生は小柄な50代くらいの女性でした。



     はじめての整体でワクワク

その時は治してほしいというよりも興味のほうが

強かったのを覚えています。

「頭痛と肩こりがひどいんです」

畳の上に仰向けになったりうつ伏せになったり。

整体の細かい内容は覚えていませんが



     強烈に覚えているのが

とにかく痛かった。

涙が出てきました。

頭をグリグリ~ッ!っと

手の指をグリグリ~!っと

足の指をグリグリ~!っと

約1時間30分の施術で4,000円でした。

「痛かったなぁ」と独り言を言いながら車で帰宅しました。



     すっかり忘れてた

翌日には整体院に行ったことすら忘れていましたが

3週間ほどたった頃でしょうか、

「あれ?そういえば最近頭痛と肩こりが楽かも」と、

人間、つらいことは覚えていますが、楽になると

忘れてしまうもんなんですね。

そこで初めて思いました

「スゲーッ!」

病院でも良くならなかった症状が楽になった。

「スゲーッ!」

整体ってなんだかすごい効果があるな。

頭の中は興奮状態でした。

しかし、その後・・・


<第三話 整体への興味>

興奮状態もつかの間。

またすっかり忘れてしまいました。

それから数年後。

通勤電車の中で「整体 無料見学会」

という広告が目にとまりました。

無料で施術風景を見せてくれるという

整体学校の案内広告です。



     前回とは違う興奮

今回の興奮は受ける側よりやる側。

つまり、整体師になれるかも。と思ったのです。

自分が味わった感動を他の人にも体験してもらいたい。

自分が行う整体で。

広告の電話番号を暗記し、帰宅後にすぐに申し込みました。



     はじめてのセミナー


セミナー当日は真夏の暑い日だったのを覚えています。

会場に着くと40人位の参加者、5人の講師、ベッド2台。

整体の必要性や学校の理念、講師の紹介などが終わり

ついに実際の施術がはじまります。

参加者の中から希望者数人が施術を受ける

というものでしたが、残念ながら勢いよく手を挙げましたが

選ばれませんでした。



     施術開始

八王子の先生とはまったく違うやり方です。

色々な方法があるんだなとはじめて知りました。

施術を受けた参加者の喜びの声や

講師の明るい表情、参加者の真剣な眼差し。

私の脳みそは完全にスイッチONとなってしまいました。

整体の仕事をしたい!

しかし、ここからが大変でした。



続きます・・・



powered by HAIK 7.0.5
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional