オスグッド病は成長期の筋肉や姿勢の歪みを整えることで早期回復できます

オスグッドとは

オスグッドとは

オスグッド

オスグッドの症状

オスグッドとは上の写真のように膝のお皿の下の骨が出ている場所が痛くなります。
すねの骨の上部である脛骨粗面(けいこつそめん)という場所です。

スポーツをしている小中学生に多いスポーツ障害です。

オスグッドの特徴的な症状として、しゃがむ・正座・階段昇降・走るという動作で痛みがでます。
症状が重いとイスに座っているだけでも痛くなる場合があります。

オスグッドの原因

オスグッドになってしまう原因はいくつか考えられます。

  • 筋肉の慢性的な疲労
    練習や試合が続くと筋肉は疲労して硬くなってきます。そして、身体のメンテナンスを怠っていると筋肉緊張が慢性化してしまい、カチカチになってしまいます。
    固くなった筋肉は縮んだ状態になっています。そこにさらに負担をかけるような運動の継続でオスグッドの場所の骨を引っ張られ続け、痛みとして症状が出てきます。
  • バランスの悪さ
    身体の歪みなどでバランスが崩れていると、身体にかかる衝撃などをうまく分散できずに、疲労がたまりやすくなってしまいます。
    バランスを崩す原因としては、例えば、過去に足首を強く捻挫したため足首やふくらはぎの固さが残ったまま。イスに座っている姿勢や立っているときの姿勢なども考えられます。
  • 習慣性の無い運動によるもの
    運動会の練習などたまにしかやらない運動や、新しいスポーツを始めた。
    顧問の先生やコーチが変わったことで、練習メニューが変わった。
    練習内容が急にハードになった。
    など、今まで使わなかった筋肉を急激に使うことによる疲労蓄積によるもの。
  • 身体の固さ
    もともと身体に柔軟性が無いため、疲労がたまりやすい。


オスグッドが早く良くなるための日常の注意点

オスグッドは太もものストレッチをすると良いと言われていますが、ストレッチで痛みが出てくる場合はオスグッドの場所への負担が増えているというサインなのですぐに中止してください。ストレッチは痛みがでない範囲でおこなってください。
アイシングやシップは血流の妨げになるので行わないでください。

学校の先生やクラブチームのコーチの方々は「膝の痛みくらいがまんしろ!」「スポーツしているんだから多少痛くてあたりまえだ!」とオスグッドを単なる筋肉痛だと思っている方がまだまだいらっしゃいます。しかし、オスグットは筋肉が原因ですが運動後の一時的な筋肉痛とは異なります。傷口や骨折などは時間が経てばくっついて治癒しますが、筋肉の異常緊張は放っておいても緩むことはありません。
我慢できる痛みだからといってそのままスポーツを続けることは精神的にも悪影響がでてしまいます。早目の治療をお勧めします。



お問い合わせ電話番号

<オスグッド専門の八王子あんしん整体トップページへ>

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional